忍者ブログ

会社を辞めてからが本当の就職活動

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ITエンジニア

シスコでは、キャリアパスの進歩に役立つCCNAのトレーニングと証明書を提供しています。シスコのキャリア認定アプリケーションでは、入学、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトの5段階のトレーニングを提供しています。 Associate degreeには、CCNAまたはCisco Certified Network Associateのトレーニングが多数用意されています。 CCNA Cloudは、クラウドエンジニア、クラウド管理者、コミュニティエンジニアに役立ちます。このコーチングは、企業の技術改革にうまく対処するために不可欠な知識とスキルを得る良い方法です。推奨される学習資料、「Cisco Cloudの基礎の認識」および「Cisco Cloud Administration」は、シスコのデジタルライブラリにあります。
CCNA協力は、ネットワークビデオエンジニア、協力エンジニア、IPテレフォニー、IPコミュニティエンジニアを対象とした練習です。練習は、職業スキルの向上と専門的価値の向上に焦点を当てています。シスコでは、キャリアアップに役立つさまざまな学習資料を提供しています。 CCNA Cyber​​ Opsは、あなたのために多くの雇用機会を開くことができる練習です。サイバーセキュリティを維持することは、CCNA Cyber​​ Opsの練習があなたを装備するための難題です。あなたはセキュリティオペレーションセンターでキャリアを始めることができます。 CCNAデータセンターでは、CISCOは、データセンターの設計、実装、保守などの面でリソースを節約できるように、幅広いトレーニングを提供しています。
2つのITおよびインダストリアルネットワークが満たしている分野に関わる人にとっては、CCNA Industrialが最もスマートな選択肢です。製造、プロセス制御、石油・ガス産業に特に役立ちます。実験室演習を通して、候補者は、インフラストラクチャの最適な使用を保証し、将来の開発のためにそれを適応させるようにそれらを装備することができる実践的なトレーニングを受けるでしょう。 CCNAインダストリアル認定を受ける前に、CISCO Webサイトのコース詳細ページの「前提条件」セクションに記載されているクラスの1つを修了しておく必要があります。コアネットワークエンジニアは、企業がコントローラベースのアーキテクチャに切り替える際に不可欠な役割を果たします。
CNNA Routing and Switchingは、ネットワークの改変に簡単かつ効率的に対処できるように、新技術の知識に熟達していることを確実にします。 CISCOが提供するもう1つのCNNAトレーニングはCNNAセキュリティです。 CNNAセキュリティ認定を取得したネットワーク専門家は、セキュリティインフラストラクチャを開発し、コミュニティの脅威を特定し、脅威のシステムを緩和することができます。彼女または彼はセキュリティの構造で利用される技術に有能であろう。コミュニティの設置、脅威と効率的な作業のためのコミュニティのトラブルシューティングとモニタリングは、認定コミュニティプロフェッショナルが熟練しそうな作業です.Cisco CCENT、CNNA Routing and Switching、またはその他のCCIE認定を取得したプロフェッショナルは、 CNNAセキュリティ認証。 CNNAサービスプロバイダまたはCNNA SPは、新しいテクノロジおよびトレンドの最新のものであることを望むサービスプロバイダーのコミュニティエンジニア、技術者、およびデザイナーにとって役立ちます。
PR

今時の就職活動は歩かない、通わない

今時の就職活動は歩かない、通わない


昔のように職安に朝いって、仕事がないか調べて、、というのは、今はなにか違う気がします。

しかし、それでも、つい15年くらい前に入社したような人の場合、そんなことをいまだに言います。

中年で仕事探しがわかっていない場合は、本当に通うことがいいとか考えて、通うことを仕事にしたりします。

また、なぜか、図書館へ行ったりします。図書館じゃ、仕事ははるか見つかりません。

せめて、カネになる事業を考えるなら、分かりますが、よりによって図書館というのは浪人生のやることです。

おおかた、眠くなりぼーっとしてしまいます。

そんなことより、家でじっとPCとにらめっこです。

むしろ、体を動かすために、運動するために、外へ出てジョギングします。

全く、昔とは逆ですね。引きこもらないと仕事は見つからない。

バイト情報誌を買って読む。駅に無料のがある、、っていっても、それは全てWebにも同時掲載です。

どっちが速いか??

駅まで行って、とってくるのでしょうか。。

そんな阿呆なことはありません。

どうせなら、更新日の前日に徹夜して、朝一の深夜にサイトをチェックして応募するくらいがいいでしょう。

夜型になると、働くのに不利だから、朝起きれるように規則正しい生活をしなさい??

規則正しく、深夜に寝て朝遅くに起きる、規則正しいです。
夜勤の仕事だったらどうすんだよ??と思います。

ほんと、そういう、1つの考え方しかない人間は、人にとやかくいう資格はありません。

ことさら、お役所でやっている組織がそういう仕事探しをアドバイスしても、お役所で働くためのアドバイスになるので、朝早く起きなさい!というのでしょう。

そして、図書館へいったり決まったことをしなさいというのも、毎日、通い続けてひたすら、続けていればお金が貰えるという考えが根底にあるのかもしれません。

そんなのは全く、カネになりません。そう、さらには、失業保険がバイトしたら差し引かれるそうです。

ほんと、意味不明ですよね。バイトして上手く行ったら、そこでフルタイムしていい給料もらえるかもしれませんが、こんなコト言われたら、就職活動に専念して、失業保険を満額もらおうと思うわけです。

意味不明な制度すぎて、これを信じて失敗した人が大勢いるわけです。

世間で言われてきた、常識が合っているとは限りません。

サラリーマンを辞めた後、まずは、バイトから始める!

サラリーマンを辞めた後、まずは、バイトから始める!


これができそうでできないんですよね。

初めは一応、求人があったり、エージェントと呼ばれる人に仕事がありますよって、載せられて色々、質問される。

こんなもん、あるわけもないのに、やるわけです。いちいち、毎回、出かけていって損をすることがありました。


で、自分は、しばらくバイトを探すことができませんでした。

やはり、バイトの仕事って、サラリーマンの仕事と全く違うわけです。

なんというか、実際に働くのはバイトで、サラリーマンはそれの管理や労働力の販売が仕事です。

一部は、ITサラリーマンといい、実際に作業をしている場合もあります。しかし、これは事務の一部です。

事務の一部がPCを使ったITというものに変わったのです。


それはさておき、いま、とにかく、サラリーマンをやっていた人は、それにとまどいます。

さらに、給料が時給制になり、5分の1くらいになります。なぜ????
こういう仕組みになっているんだ???

実際に頑張って働いている人が安い給料。これが現実。

こんなのは、先進国へ行くと、だいぶマシになって、実は日本でバイトだろって馬鹿にされそうな職が普通にサラリーマンと同じくらい貰えることもあります。

こういうことができないかぎり、いきなり、バイトへとは思えません。また、一度、バイトへ入ると、もう二度と、サラリーマンの世界へは戻れないような寂しい気分になったりもします。


しかし、空前の不況がエンドレスに長引き、さらに長引く予想になり、みなバイトへ対する考えが変わってきたように思えます。

今は、バイトもサラリーマンも同じです。と、いいたいです。

就職情報を牛耳る広告代理店

就職情報を牛耳る広告代理店


本来はフェアであるはずべきものの求人情報は基本的に平等には出回りません。

ハローワークへいけば平等かといえば、そうでもなく、いって登録しないと見れません。また、速いもん順であったりもします。
それに、ハローワークへアルバイト情報を載せるといういか、アルバイトを探す人がハローワークへいくか?

たとえば、学生がバイトするのに、ハローワークへいって、失業の登録をして、、、ってありえないと思います。

つまり、民間の求人情報掲載媒体を見るしかありません。


これが、また、どこまで本当にフェアなのかがわかりません。

まず、正社員系のものはほとんどがアンフェアです。それは、表には公開せずに、こっそりと、紹介会社が選んだ人だけを紹介して、紹介手数料を数百万円もらうからです。

これはあなただけに教えますっていう感じで、まず、表にはでないものです。

表にでている求人はつりと言われています。

ここに登録することで、詳細な履歴書、学歴、社歴を入手して、この人はウリもんになるか?それを見定めます。


そんな状況でフェアなんかあるわけがありません。

競争社会当然です。
また、そういうことを考えると、アルバイト情報は比較的フェアです。

アルバイトは採用コストを抑えて、広告掲載を主にしています。そのため、企業が媒体社に非公開にしてくれとはいきません。

また、求人掲載料は、数万円となっています。また、短期間の掲載で、ほとんどが、あっという間に終わります。

つまり、見ていればいいのがでるかもしれません。

また、別に使える人をここから社員としてさらに、引き上げることも容易です。

今時の雇用はこういう形態が増えるのではと思います。双方にとっていいわけです。

だいたい、それで、しばらくバイトして、ちゃんとフルタイムで働けたら、かなりいいです。

適性も見れますし、仕事になれて使えるようになってから、給料を上げていくという、まさにいい雇用です。

いきなり、年収はいくらを希望しますか???

という、くだらない質問もありません。そんなもん、会社が決めるもんだろうと思います。

それなのに、変な数字を言わされて気まずい雰囲気になることが多々あります。

仕事を探す前に-仕事の種類-世の中ではどのような仕事があるのでしょうか??

仕事を探す前に-仕事の種類-世の中ではどのような仕事があるのでしょうか??


たとえば、アルバイト情報誌のサイトなどに職種という検索条件がありますので、そこで全部表示として下さい。

すると、ある、1つのアルバイト情報誌では、以下の様なジャンルがありました。


    飲食業
    販売業
    サービス業
    エンターテインメント
    営業
    事務
    総務、企画
    教育
    物流、配送、軽作業
    建築、土木、製造
    IT、コンピュータ
    医療、介護/福祉
    マスコミ、出版
    芸能
    専門職、その他


いたって、一般的ですが、これが現実問題、世の中にある仕事のメジャーなものは全て網羅しています。
特にマニアックなものは除きますが。でも、エキストラの俳優とかも求人があったりします。

そういうことでおそらくここをみれば全ての仕事が分かります。

はっきりいって、数年前まではバイトなんて、、、と、正社員経験者には思われていたことでしょう。

しかし、完全に変わりました。

また、アメリカはそういう契約から、正社員へ変わっていくのが普通にあるようです。

つまりは、目的は常時雇用です。


日本も多少はそういうことが起きるようにはなっているようです。何年か前の法改正で派遣社員が正社員になっていきました。

そういうことを経験した知人もいます。


しかし、ま、とにかくは仕事の種類を把握します。

飲食業 こちらは最も多いのではないでしょうか?レストラン居酒屋その他のあらゆるホールスタッフなどが含まれます。
販売業 デパートで洋服を売っているような仕事となります。
サービス業 販売業に分類できないものなどが入っているようです。基本的には接客の必要があるようです。
エンターテインメント 日本でいうところの、この業界は、遊園地と遊戯施設です。
営業 なんでもありの求人です。求人自体は多いと思います。
個人向けの営業には実に小規模なものからあります。法人向け営業はこういうバイト雑誌にはあまりないかもしれません。正社員募集か、派遣社員として営業を求めているようです。
事務 いわゆる、サラリーマン、OLと言われる仕事に入るかと思います。
総務、企画 同様です。
教育 塾の講師が多いです。学校法人は制約もあり、定員も少ないのでめったにありません。
物流、配送、軽作業 今、一番多いのがここではないでしょうか?
通信販売がメインになりつつある中で、むしろ、対面販売の仕事よりも、こういう物流の方が活気がありそうに感じます。
建築、土木、製造 大型建築物の建築に関わるもの、道路、公共工事、戸建て、リフォーム、などの建築業界。
製造業の工場のラインで働く仕事もここに含まれています。なぜ一緒なのか?家を工場で組み立てて現場に搬入するタイプもあるからです。
IT、コンピュータ  
医療、介護/福祉  
マスコミ、出版  
芸能  
専門職、その他  
  
 
   
   
   
   
   
ブログ内検索




















  Copyright 2018 会社を辞めてからが本当の就職活動 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]